マネージャーの準備期間

~即席マネージャーを作っていませんか?~

by.松本 宜大

「マネージャーになったけど、何をしたらよいのかわからない」
「青天の霹靂で、マネージャーになっちゃって・・・」
よく聞く会話ですよね。

 

企業では、研修体系の中で、「新任課長研修」「新任部長研修」などが実施されています。
その多くは、「新しく任じられた」方々向けに行われています。
新任者には、その役職に基づいた役割を果たして、成果を創出してもらう必要があります。
しかし、それはいきなりできるものではありません。
役職者の仕事のイメージ、役割の理解、意識の転換やスキルの習得、動機付けなどが必要となります。
これらは一朝一夕で出来るものではありません。

 

「新任」の時点で教育するのでは遅すぎるのです。
事前に準備しておくことが求められます。
それは業界によって、またはその役職に期待される成果やタスクの内容によっても違うでしょう。
私は、個人的には、
3年ぐらいの準備期間が必要だと考えています。

 

上司はその候補者に対して、
「あなたが将来、上位の役職者に上がる可能性があること」
「役職者になるまでの間で、変革するべき課題」
「その課題の解決策、学習や訓練の必要性」
「その為に、上司としてできる支援方法の伝達」
を認識する必要があります。
直接的な支援だけでなく、そのために仕事をアサインする事も有効でしょう。

 

「役が人を育てる」というのはあるものの、
マネージャーは、「即席」で“製造”されません。

 

人材開発担当者として、「将来の役職者」を見定めて、準備をさせておくことが重要です。
それが、将来あなたの組織の“強い”役職者を育てることになるのです。