ダイバーシティの議論で足りない1つのパーツ

~目の前の人を、人として尊重するということ~

by.松本 宜大

近年、ダイバーシティの重要性が叫ばれています。
ダイバーシティというと「女性の活用」と取られがちですが、
従来の意味は「多様な人材の活用」を意味し、
最近は更に広く「多様な人材の活用を通じて、高い業績をあげるマネジメント、経営」
という意味する場合もあります。

 

多くの組織で、「ダイバーシティ推進室」といった部署が出来ています。
そこでは、女性の活躍を推進する施策を計画したり、管理職向けに研修を企画したりしています。
しかし、日本の組織においてダイバーシティを展開するために、忘れられがちな重要な点があります。

 

それは、「人間観」や「文明観」です。

 

ダイバーシティは、国籍や民族、宗教、思想信条、性別だけでなく、
年齢、性格、学歴、価値観の多様性を認め、活用する事です。
その根底には、
「同じ人間として尊重する(されるべき)」
「社会正義は行われるべき」
「あらゆる文化に対するリスペクト」
「多様性を包容するだけの度量」
といった理念が求められます。

 

このような
「人として、もしくは文明社会として、何が正しく、何が間違っているのか?」
という感覚こそ、ダイバーシティの根幹だと思います。

 

日本国内では、「ダイバーシティ」をかつての「男女雇用機会均等法」のような
単なる決まりのように捉えられているような気がしてなりません。
真に「ダイバーシティ」を実現するために、多文化共生の「器」としての社会や組織だけでなく、
人間としての在り様について、深い洞察が求められています。