即戦力はどこにいる?

~即戦力を即戦力にするたった一つのポイント~

by.松本 宜大

新卒採用だけでなく、中途採用をされている組織も多いと思います。
そこで必ず言われる言葉があります。
それは、
『即戦力』
という言葉です。

多くの組織で、無批判に受け入れられている言葉だと思います。
しかし即戦力の人材はいるのでしょうか?
人材が成果を創出する一連のプロセスには様々な”違い”が存在します。
・業界
・企業風土
・マネジメント
・業務プロセス
・製品
このような違いの中で、すぐに成果を出すことは困難です。
中には、上記の違いに対して、柔軟に対応できる人材もいるかもしれませんが、
ごく少数ではないでしょうか?

採用において『即戦力』を求めるこの傾向に、
人材開発担当者や職場の”怠惰”のようなものを感じます。
結局、人材はいくら同じ業界であったとしても、育てるしかありません。
本人に期待をかけ、知識やスキルを教え、試行錯誤を繰り返し、フィードバックを行う。
この一連のプロセスでしか『即戦力』にはなりません。

必要なことは、人材開発担当者が「自社特有の人材育成のセオリー」を考え、
「即戦力なんだから、一人で頑張って」ではなく、
必要な施策を施し、根気強く見守っていく事。
これに尽きると思います。