長所と短所の取り扱い方

~望遠鏡と顕微鏡の話~

by.松本 宜大

「遠くまで見ることができないから、この顕微鏡はダメだ」
「細かいものが見れないから、この望遠鏡はダメだ」
という言葉を聞いたら、どう思いますか?
多くの人は、そのモノとそこに求める機能が違う、と思われるでしょう。

しかし、多くの組織で日常的にこのような発想は起きています。
「原因を分析することが苦手だから、この部下はダメだ」
「顧客との関係構築が下手だから、この同僚はダメだ」
誰しも、長所と短所があります。万能な人間など存在しません。
自分にできない事を他者に求めるのは如何でしょうか。

勿論、組織に所属する人間として、社会人として、
最低限保有するべき能力というのは存在します。
しかし、それも限界があります。

マネジメントで求められる事は、
・部下や周囲のメンバーの長所と短所を認識すること
・その強みが活きるような仕事を割り当てること
では無いのでしょうか?

しかし、得てしてその逆で
・部下や周囲のメンバーの短所ばかり見えてしまう
・その人の長所と短所に配慮した、仕事の割り当てをしていない
ことが多くあります。

一度自身の組織が、その人の長所を充分に活用できているか、
点検してみてください。