2017.12.9(土) 交流会 開催報告

会社経営を体験!経営ゲーム交流会 ―経営感覚を共有できる研修ゲーム教材の体験会―

参加者:7名(経営者1.経営支援業.2会社員4.)
実施内容:
・アイスブレイク インタビューゲーム(15分) 
・経営ゲーム ルール体験・ルール説明(50分)
・第一期(30分) ・以降、ゲームを2.5時間分
・意見交流 25分
 
あなたは、『考えすぎ?』『考えなさすぎ?』
「堅実を心がけた、期(1ゲーム)が一番成績が悪かった」
「一番初めの初期投資が大事だと思うが、勇気が出ない」
「会社経営で目指すべき理想の状態はあるが、目の前にある課題もこなさなければいけない」
「販売時に、市場を共同開拓でき、他の人にも利益をもたらせる形があった」
ゲーム後の、意見交流会での一幕です。

 

皆さんにプレイしていただいた、ゲームの素材は同じです。ですが、立場、考え、経験、興味が違う方々が『経営』をいうテーマを通して、それぞれの考えが出てきます。

 

ここで、経営における『考えすぎ』『考えなさすぎ』をみてみましょう。
経営の現場で、考えすぎは禁物です。考えている間は、行動することができず、結果として後手後手となり手遅れになってしまいます。
スタートアップの時のように、えいやと決めてしまいあとは何とかなるの考えなさすぎは、実は行動できるので、最初はいいと思います。ただし、考えなさすぎは落とし穴もたくさんあり、行動を重ねるごとに継続性が怪しくなってきます。

 

では、どのような形が理想でしょう。
 最初は、大きく方針を決め、実際に行動してみる。良いか悪いかを事前に吟味せずに、よさそうというレベルで行動を重ね、実感、客観で振り返っていく。明らかにリスクとなりうる要素は、取り除く、もしくは保険を打っておく。とおおよそ、こんな流れではないでしょうか。

 

このような、経営における意思決定と振り返りを、ゲーム内で短時間で何回も繰り返していき、ブラッシュアップしていくのです。ブラッシュアップの過程で、実用に耐えないものは淘汰されますし、差し替えればよいのです。そして、ブラッシュアップの過程で、シンプル骨太の思い入れの入った芯は、その人の経営理念となるものと思います。

 

その、経験を、ゲーム後に言葉にして交流させるのです。参加した人がお持ち帰りできる、ノウハウとなることを願っております。

 

卓上で繰り返す、経営ドラマ。また、その想いを共有するプレイヤー。来年も、発展させたいと思います。
参加者の皆様、本当にありがとうございました。

 

【ファシリテータ】

嶋崎万太郎(双申株式会社専務)

愛知県で大学卒業後、IT営業職に従事。その後、広告デザインで独立起業する。約10年間従事し、マーケティング的デザインを実践。2011年福井に帰郷し父親の経営ゲーム事業で第二創業する。企業の後継者育成、創業塾講師を指導。自身の体験を踏まえ、経営感覚を育成する手法を指導している。

 

【終了しました】12/9(土)交流会 開催のご案内

『会社経営を体験!経営ゲーム交流会』
~経営感覚を共有できる研修ゲ-ム教材の体験会~

 

【日時】2017年12月9日(土)13:30 ~ 18:00(受付開始 13:00)

 

【会場】(株)スナップショット 名古屋本社 会議室

      名古屋市東区葵1-26-8 葵ビル5階(新栄町駅2番出口より徒歩3分)

 

【内容】会社経営を体験!経営ゲーム交流会 ―経営感覚を共有できる研修ゲ-ム教材の体験会―

 

【案内文】

あなたの経営感覚を、ゲームで試してみませんか?

実際に、コインやチップを使い、盤上で経営をシミュレーション。B/S式で決算も行い会計が苦手でも経営の数字が分かるようになります。

 

中小企業の経営者勉強会などで使われている経営ゲームの中級版の体験交流会を実施します。セミナー時間は4.5時間と長めですが、体験者の満足度は毎回高い評価をいただいております。

 

進行も講義などの内容は極力少なくし、ゲームのプレイをメインに体験してもらいながらプレイヤー同士の交流も図りたいと思っております。

 

教材はボードゲーム形式で、各プレイヤーが会社の経営者となります。初期状態は同じですが、プレイヤーの視点、判断、行動によって成績が変わっていきます。持っている資源を何に投資するかという経営の仮説で、どのように会社を伸ばすか?が問われます。

 

またプレイヤー同士のコミュニケーションによって成績が変わり、声がけや相談なども大事でお互いに成長を目指して協力することも必要です。

 

幹部・中堅の経営感覚養成や、会社の財務理解モデルを理解するというのご要望が多く、体験後興味がございましたらご質問などにお答えさせていただきます。

 

普段体験できない会社経営とお金の動きなどから体感的に学ぶ教材の体験会のご紹介となります。

 

詳細案内 http://soshin.cc/game/index.html

 

 

【対象者】経営、経営企画、人事及び人材育成担当者。教材にご興味がある方

 

【こんな方にオススメです】

・社員に「経営感覚や当事者意識」を持たせたいが研修法が思い当たらない方
・自分自身が経営を仮想体験してみたい方
・会社全体のお金の動きや、利益の意味を研修してみたい方