2017.5.24(水)ワークショップ開催報告

システムシンキングを通じた組織力の向上 ―繰り返し起きる組織の問題を解決する―

先週水曜に“システムシンキング”について、セミナーを開催させて頂きました。

受講者の方々には、様々な思考法の歴史を簡単に踏まえた上で、システムシンキングの概念、今なぜシステムシンキングが求められているのか(VUCA時代の問題と解決について)、お話ししました。

その後、各受講者の方々で、自身の職場の問題を表出、それをループ図で表現して頂きました。

 

受講者の方々から以下のようなご感想を頂きました。

・問題点をループ図に落とし込んで、他のメンバーと共有すると、確かに何か見えてきそうだなと感じました。

・初めて触れる事柄でしたが、理論解説と実際のワークをうまく組み合わせており、取り組みやすい進行でした。

 

システムシンキングの良いところは、動的な問題や因果関係の複雑な問題を可視化できることと、問題を起こす主体が個人ではなく何らかのシステムとして良い意味で問題の外部化が可能なことがあげられます。特に後者の部分が重要です。得てして問題が解決しないのは、問題の当事者として向き合うことができない、責任免除のための回避行動を取ってしまうことが挙げられますが、システムシンキングは問題を外部化することで、安心安全な状態で問題に向き合うことが可能となります。

今後システムシンキングの考え方を使って、社内で「問題の抽出」と「問題の共有」をして頂けると嬉しいです。

それと、今回時間が少ないとの声も頂戴しました。システムシンキングは大変奥が深いので、暫く何回か今回のセミナーを実施した後に、応用編を続編として開催したいと思います。

 

今回はご参加頂き、本当に有難うございました。

 

 

【ファシリテータ】

松本宜大(カタドリ代表)

 大学卒業後、人材開発10年の経験を通じて、様々な企業の人材開発に関する研修の企画・講師登壇や調査に携わる。

 中央大学大学院戦略経営研究科 修了。

 カタドリ 代表。『名古屋フライデーリフレクション』を主催。

 

【終了しました】5/24(水)ワークショップ開催のご案内

『システムシンキングを通じた組織力の向上』
 ―繰り返し起きる組織の問題を解決する―

 

【日時】2017年5月24日(水)19:00 ~ 21:00(受付開始 18:30)

 

【会場】(株)スナップショット 名古屋本社 会議室

      名古屋市東区葵1-26-8 葵ビル5階(新栄町駅2番出口より徒歩4分)

 

【内容】システムシンキングを通じた組織力の向上 ―繰り返し起きる組織の問題を解決する―

 

【案内文】

職場で従来の問題解決手法が導入されています。

 

しかし、多くの会社では上手く問題が解決されていないといった声を頂戴します。

近年、職場での問題は非常に複雑で容易に解決できないものになっています。

一度解決策を立案し実行したと思っても関連する違う問題が出てきたりします。

 

そのような、職場で繰り返し起きているような問題は、通常の問題解決手法では解決できません。

なぜなら、従来の手法は、単純化された静的なフレームの中で解決しようとしているからです。

問題は動的で、様々な背景の中で発生し、他の問題と複雑と絡まりあっているので単純化されたそのようなフレームでは解決できません。

複雑に発生した問題は、単純な方法では解決しません。

 

本セミナーでは、複雑な問題を解決するための手法であるシステムシンキングの考え方や手法を紹介して、繰り返し起こる問題の解決方法を模索します。

同時に、その原因の一つに自身の意識や行動がある事を認識します。

 

【対象者】人事、および研修担当者

 

【こんな方にオススメです】

・問題解決研修をしても一向に社内の問題が解決されないとお悩みの人事の方
・長年解決されていない問題をお抱えの人事の方